音読パッケージ聞き取り中のモード比率更新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の英語学習時間:2時間

音読パッケージ」を始めた当初に、どのくらい集中して聞けているかを数値化していたが、久しぶりにその情報を更新する。
下記数値は、2日目⇒3日目⇒本日(14日目)の推移を表している。
数字は非常にざっくりした体感ではあるのだけれど、わりと状況を明確に表現できているのではないかと思う。
 1.音に集中して聞いている:20%⇒40%⇒60%
 2.意味を考えてしまう:30%⇒20%⇒10%
 3.ボーッと聞いている:50%⇒40%⇒30%

意味を考えなくなると途端に音が聞き取れるようになるし、音が聞き取れるようになるとボーッとする時間が減って集中力が高まっていくのが実感できる。
現在、集中している時間比率は60%程度で、半分以上は聞き取りに注力できているということになる。
たった2週間程度の訓練でここまで到達できれば御の字だと思う。

さて、「2.意味を考えてしまう」についてもう少し深堀して説明すると、音を聞いて単語に分解し、英文法に則って翻訳し、日本語の意味を把握しようとする行為がこれにあたる。
しかし、実は上記のような作業をしなくても、英語を英語として理解できている場合も最近増えてきているように思う。
聞き続けているうちに何となく理解できてしまう。
そして、そのような場面がどんどん多くなってきている。

この学習法を続けると、文章や文法のパターンが少しずつ脳に刷り込まれる。
また、認識できるセンテンスが増えると、文章全体のストーリーも少しずつ判明してくるため、これが各センテンスの推測を手伝い、さらに認識できるセンテンスが増える。

そして重要なのは、この認識は日本語を介していないということだ。
つまり、英語を英語として認知しているのだ。
極論すれば、すべてのセンテンスをこの方法で認識できたら、「音読パッケージ」に掲載されている内容については翻訳しないで理解できたことになる。
当然、似たような、または同じ文法を使った文章に出会った時は、かなりの確率で英語のまま理解できるのではないだろうか?

音読パッケージ」が完成したあと、教材を変えて現在の訓練を繰り返せば、さらに英語のまま理解できる範囲は広がるハズだし、認識の範囲が加速度的に広がるのも簡単に想像できる。

上記の「1.音に集中している」の比率が60%から更に上がっていくと、学習効率が単純にあがるだけではなく、この「認識の範囲」の拡大効果が向上するのではないかと思う。
今後、この点についても、少し意識をしてレポートをしていく予定。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。