反復と英語回路と集中力の関係

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の英語学習時間:1時間

当たり前の話だが、音が聞き取れてくると自然と集中力が上がる。
といっても、生活全般の集中力が上がる訳ではなく、正確には「音読パッケージ」(英語の音声)を聞くことが普通になってくる感じだ。
まだ試していないが、他の音読用教材でも聞き取りに集中できるような気がする。

「英語回路」とか「英語脳」を作るという言葉を昨今聞くことが多くなったが、結局のところ愚直に聞き続けて英語を英語の音として捕らえる「慣れ」を養うことがこれにあたるのではないだろうか?
「英語回路」を作る手法はいろいろあるのかもしれないが、現在行っている方法はみるみる上達するのが自分でもわかるので、継続し易い。

それに、以前書いた「ノイズキャンセリングヘッドホン」を使えば場所も選ばない。
もちろんお金も教材代しかかからない。
これで「英語回路」が手に入るのなら、聞き続ける努力など微々たるものに感じる。

さて、だいぶ「音読パッケージ」も光が見えてきたので、来週くらいから他の方法も取り入れようと思う。
これについては、別途記事にしたいと思う。
ヒントは絵と基本英文法。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。