音読パッケージの低速版は既に敵にあらず

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の英語学習時間:1時間

前にも書いたが「音読パッケージ」には低速とナチュラルスピードの2種類の音声が収録されていて、学習開始当初の2日くらいは低速で聞いていたが、それ以降ちょっと思い立ってナチュラルスピードを聞くようにしている。

最近ナチュラルスピードにもだいぶ耳がついていけるようになったので、今日の学習の前に興味本位で低速版を聞いてみた。そして驚いた。
めちゃめちゃ聞き取れるのだ。
お母さんが赤ちゃんにしゃべりかけているぐらい、丁寧でゆっくりで聞き取り易い。

学習開始当初は低速でさえも持て余していたので、やはり着実に耳が育っているのだと思う。
ただ、聞き取り易すぎて退屈だし、聞き続けたら聞き取り能力がこのスピードまでレベルダウンしてしまうのではないかとの懸念から、5分程度で聞くのをやめ、慌ててナチュラルスピードを1時間聞き続けた。

それにしても聞き取れるというのは、予想していた以上に快感だ。
この誘惑に負けて低速を聞き続けてしまいそうなので、「ナチュラルスピードを聞き取れた時の快感は更にすごいハズだ!」と自分に言い聞かせ、低速は封印することにした。
今後の学習ステップで、耳で聞いた音を書き出す作業があるが、もしどうしても聞き取れない部分があったら、その時にこそ部分的に低速版を使用するのが良いかもしれない。
活字を見てしまうのは、本当に最後の手段にしたいから。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。