音読パッケージが更に聞き取れるようになった

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の英語学習時間:1時間

相変わらず順調に「音読パッケージ」の音声がゆっくりに聞こえてきている。
今まで聞き逃したりしていた単語も、いくつか耳に残るようになった。

話の内容は意識して考えないように心掛けているけれど、上記のように単語が聞こえ出すと瞬間的に考えてしまうことが多くなった気がする。
「ジョーク」のコーナーで全然わからなかったオチがいきなり理解できて吹いてしまった。

考えてみれば、言語を習得するということは、こういう小さな段階の積み重ねなように思う。
英語を体系的に学ぶことも意味は多いにあるが、あくまでも学習方法の域を出ない。
英語は言語なのだから「音読パッケージ」や「英語は絶対、勉強するな!」で提唱されている通り、ただ黙々と音声を聞き続けて、その中で「小さな理解の階段」を一歩一歩上がるような体験が必ずどこかで必要なのだと思う。

留学やビジネスなどで必要に迫られてこれを行う人も多いと思うが、要求される英語レベルが高すぎたり、即身に付けなければいけないという時間的な制限があると、挫折したり、別の方法に頼ったり、成果が上げづらかったりと良いことがない。
子供が繰り返し毎日聞く言葉をいつしか口にするように、大人も毎日簡単な英語を繰り返し聞き、そして慣れ、いつの間にかそれらの音声が口をついて出てしまうという現象を体験する必要があるのだと思う。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。