音読パッケージへの反射スピード向上

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の英語学習時間:2時間

引き続き「音読パッケージ」を行っているが、音声が少しだけゆっくりに感じてきた。
無論、音声はゆっくりになった訳ではないので、少なくともこの教材に関しては、管理人の反射スピードが上がっているようだ。

文章は意識して覚えていないし、単語や文章の意味を取ろうともしていないけれど、さすがに10時間近く同じ教材を聞いているので、教材の内容自体に知らず知らず慣れているのかもしれない。

とにかく、同じ教材を聞き続けると、音声がゆっくり感じるようになる。
どのレベルまでゆっくりに聞こえるのかは今後レポートするが、TOEICのような基本レベルの文章・音声なら意外にすぐ慣れてしまうんじゃないかという気がする。気のせいか?
1週間前と比較しろと言われても不可能だが、昨日と比べてどうかは感覚的にわかるので、コマメにレポートしようと思う。

ところで、昨日音声を聞いているときの管理人のモードについてレポートしたが、よく聞こえ出したために集中力が上がっているように思う。
こんな感じ。
 1.音に集中して聞いている:20%⇒40%
 2.意味を考えてしまう:30%⇒20%
 3.ボーッと聞いている:50%⇒40%
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。